賃貸物件を安く借りる為にはどうすればいいのか

賃貸契約は11月がねらい目です

賃貸を借りようと思った時、少しでも安く借りたいと考える人は多いのではないでしょうか。実は賃貸物件にも繁忙期と閑散期が存在し、閑散期の方が家賃が安くなったり値切り交渉を行いやすくなります。ではいつが閑散期に当たるのかというと11月で、この時期は全国的に家賃の相場が安くなることが多いです。なぜ11月が閑散期に当たるのかというと、新生活の準備を始める1月〜4月頭頃が一番賃貸の需要が高く、その次に多いのが6月末頃から〜9月頭でこの時期は夏休みを利用して引っ越しを行う人が多い傾向にあります。その為需要の多い時期から少し期間が空いている11月がどうしても需要が少なく、顧客獲得の為家賃などを少し下げて提供するところが増えてくるという訳です。ですので少しでも安く部屋を借りたいのであれば、11月がねらい目と言えます。

敷金礼金0物件は注意が必要です

賃貸物件を探している時によく目にするのが敷金礼金0という物件です。敷金礼金が0と聞くととてもお得なように感じる人も多いかもしれませんが、実際はそうでないこともあります。なぜかというと敷金礼金0物件の場合何らかの訳有物件の場合や、敷金礼金が0の代わりに家賃が高いといった場合があるからです。いくら敷金礼金が0でも家賃がその分高い場合、長く住めば済む程損をしてしまうという事になります。その為敷金礼金0といううたい文句に飛びつくのではなく、本当にお得なのかどうか一度シュミレーションを行ってみるといいです。また敷金礼金0で家賃も他の物件に比べてお値打ちという場合は、訳有物件の可能性が高いので、後々トラブルを回避する為にも事前に確認してから契約することをお勧めします。

小樽の賃貸マンションは大変人気となっており、注目を集めています。一人暮らし向けのものはもとより家族向けの物件もあり、好評です。